モスクワ取引所(MOEX)は7月25日、外国為替市場での日本円の取引を8月8日から一時停止すると発表した。対象は円・ルーブルやドル・円のスポット取引とスワップ商品に適用される。西側諸国の制裁による潜在的なリスクと決済の難しさが理由だとしている。専門家によると、MOEXでの円取引額規模は小さいため、MOEXでの外為取引や円相場に対する大きな影響はないという。

MOEXにおける外国為替市場の6月のスポット取引高は17兆8,000億ルーブル(約39兆1,600億円、1ルーブル=約2.2円)だった(MOEX、7月4日)。そのうち円・ルーブルのスポット取引高は29億ルーブルで、全体の0.02%に満たない。

ロシア大手損保系投資顧問会社インゴスストラフ・インベスチツィイのチーフアナリストによると、最近は円の取引需要が増加し、7月には1日1億ルーブルを超えていたという。背景について「ロシアの金融機関が日本円以外の口座残高に手数料を課し始めているからだ」と説明した。しかし、フリーダム・ファイナンスのアナリストによると、MOEXの主な取引通貨はドル、ユーロ、人民元のため、円の取扱停止の発表後もMOEXで混乱は生じていない(「フランク・アールジー」7月25日)。

■■コラム ロシアの為替取引所が日本円の取り扱い中止


モスクワの証券取引所が
日本円ロシアルーブルと
日本円米ドルの通貨ペアを
8月8日から中止すると発表しました。

また、ロシアから日本に向けて
ゴールドを輸出することを
禁止すると発表しました。

これは、ウクライナに関する制裁なのか
日本円不信なのか
深層はわからないところです。

しかしながら
制裁で通貨ペア廃止なんて
聞いたことありませんので
おそらく日本円をもはや
受け取りたくないという
可能性が高いです。


そして、この記事を見て
思い出すのは
私が街や空港なんかで見かける
両替屋のレートが
めちゃくちゃ悪くなっている
ということです。

安定している通貨は
法定レートと、両替屋レートの差が
あまりないのですが
不安定で信頼性が薄い通貨は
法定レートより20%とか30%
余分に払わないと
替えてもらえないのです。


というわけで
日本円不信は着実に
広まっていますので
日本円暴落もあり得ると考えて
万が一そうなっても
被害が少なく済むように
対策した方がいいですね。

うかうかしていると
かなり悪いレートになったり
そもそも両替出来なくなりますので
気をつけましょう。

現代日本人は、正常性バイアスが
強い人ばかりになっていて
「どうせ何も起こらないでしょ」と
考えている人ばかりなのですが
起こることもあるので要注意です。


★この話が役に立ったという場合には
お友達にも、このメルマガを
紹介いただけると大変うれしく思います。
https://kawashimamm.com/

週足で139円で大天井を形成したように見える日本円ですが、
FXでガチホショートで120円台からつかまっているFXトレーダーが非常に多く感じます。

131円を割れてから急反発しているドル円ですが、週足で陽線を作り、押し目だった可能性が浮上。

150円になることを想定している人の方が少ない現状、これだけの大相場になっているので、今後ドルは秋~冬ごろ150円突破の可能性が高いかと相場観を持っています。

黒田総裁辞任で金利が上昇するようなニュースがない限り、今後あと1~2年ぐらいは円安ドル高トレンドは止まらず、これがエリオット波動の序章であるなら、最終的にドル170円もあり得る位置にいます。

ドル150円、ゴールド1500ドル、日経25000円前後のような値ごろがこの秋~冬に見えるかもしれません。

金利の高くなったドルに資金が戻り、金融バブルは高値圏のまま、通貨価値の不信という形で金融緩和バブルは収束すると思います。