ネトフリ急落の衝撃、長い試練の時

米ネットフリックスはかつて、あまりに時代を先取りしているとの理由から株式が激しく売り込まれたことがあった。今回は逆に時代に遅れていることで、やはり市場から冷たい仕打ちを受けている。

図表:ネットフリックスの株価
拡大画像表示
 20日の米国株式市場で、ネットフリックスの株価は35%急落した。約10年ぶりに有料会員が減少に転じるなど、失望を誘う1-3月期決算が嫌気された。ファクトセットによると、これは1日の下落率としては約18年ぶりの大きさだ。ネットフリックスは株価が高値をつけていた昨年11月半ばから時価総額の約67%を失った計算になる。実は2011年にも同じような暴落の憂き目に遭っている。DVD郵送サービスを「クイックスター」との名称でストリーミングサービスと分離させると発表した年だ。時価総額の約78%が吹き飛び、評判の悪いこの計画は同年内に撤回を余儀なくされた。
コロナの巣ごもり需要でバブル化していたネットフリックスですが、会員数減少により最高値の1/3ぐらいの値ごろまで株価が下落しています。

局地的にはメタ株も含めてアメリカのハイテク株はバブル崩壊が起きており、その代わりにコロナで蓋をされていた銘柄が回復しつつあります。

ネットフリックス株は今後も安値で推移し、もう二度と高値更新はないかもしれません。

アメリカハイテク株で巣ごもり需要で儲けてバブル化した会社に失われた20年??

コロナによりハイテク株に流れた資金が現物コモディティやアフターコロナ銘柄、ドルに流れて、最終的には史上最大のバブル崩壊であるドルの崩壊へとちゃくちゃくと流れができつつあると感じる昨今です。